法人向けのデビットカードはどのような観点で選ぶのがいいの?


不正利用されたとしてもすぐにわかるデビットカード

デビットカードはクレジットカードと違い、利用した時点で銀行からお金が引き落とされるので利用状況をとても把握しやすいといえます。そのメリットから、法人向けのカードとしてクレジットカードを選ぶのではなく、デビットカードを選択するというのもありでしょう。というのは法人向けのクレジットカードを社員に持たせた場合、万が一、不正利用されたら明細が送られてきてからではないとそのことを知るのが難しいからです。

しかし、デビットカードであれば、使用した瞬間に決済で使われたというメールが送られてきて、さらに銀行口座をチェックすればいくら使われたのかもわかるので、おかしな決済があればすぐに利用している社員に問いただすことが可能です。

付帯サービスと年会費のバランスで選ぶ

では、法人向けのデビットカードはどのようなポイントで選ぶのがいいのでしょうか。まず、クレジットカードと違い、審査の通りやすさという点を考慮に入れる必要はほぼありません。デビットカードには発行時の審査がほぼ存在しないからです。したがって、維持費やお得度に目を向けるといいでしょう。

たとえば、個人向けのデビットカードと違い、法人向けのカードは年会費が有料であることがほとんどです。それは海外旅行時の傷害保険などが付帯になっているからですが、海外出張をしない会社であればそういった付帯は無駄といえます。そのため、カードに付帯されているサービスと年会費を照らし合わせた上でバランスのとれたカードを選ぶといいでしょう。

法人 デビットカードは銀行口座から現金を引き落とす仕組みで、使い過ぎないことや金銭管理をしやすいことがメリットです。